郵便局

ちょっと改まって、日本まで封書でお手紙。あまりいませんね。失礼しました。
(^^ゞ

まあまあ、ポストカードくらい出す事はありますよね。
観光スポットを歩いていれば、タイの風景をプリントとした綺麗なものが
目に止まります。

家族に、友達に、同僚に、恋人に。旅の情緒が伝わります。
「でもバンコクの風景なんて」いえいえ、都会にしか滞在しなくても、大丈夫。

ポストカードの写真はタイ全土の物がありますから。
おもいっきりトロピカルなものを選んでくると相手にも喜ばれます。(;^_^A

ちょっとした宿泊施設の受付などにもポストカードは売ってます。
さらにそこから郵便局に出してくれるサービスもあるとかで、
わざわざ郵便局に行く事もないですか。

でもまあ、元来がケチな性分で(笑)郵便局まで自分で出しに行きます。
「日本まで」と言えば、差し出しハガキ枚数分の切手を売ってくれます。

バンコク都内にはかなりの数、郵便局があるんですね。
日本で言えば簡易郵便局みたいなものでしょうか。

よく行ったのが、というか、泊まってるところに近かっただけですが、^_^;
高層ビルの半地下部分にあった郵便局です。

広さは16畳位の広さで、カウンターには二人くらいの局員。
奥に2人くらい居ました。入り口の外にはハガキ類が詰まってるんでしょうか。
分厚い麻袋みたいなのがドカッと置いてあったり。

いつも混んでるんで、局員の皆さんはテキパキと仕事をこなしていますね。
お客さんは仕事関係の封書の束を抱えたバイタクの兄ちゃん、
OL、学生さんなどなど。

ただ郵便局と言っても、送金や何かの料金?の払い込み業務もあるみたいです。
そんな方々も一杯で込み合ってました。

郵便業務的には日本と変わりないみたいです。世界中、大体同じなんでしょう。
小包を送る場合は箱もここで買う事が出来ます。

サイズも何種類かあって選べます。小包セットは段ボール箱、粘着テープ、
送り状、縛る紐もあった気がしました。

ちょっと小さな荷物には緩衝剤入りの封筒セットみたいなのもありです。

そこで宛名を書く時にテーブルにボールペンもありますが、
人が多いと順番になってしまいます。
一応、自前のボールペンを持っていった方がいいですよ。

宛名を書き書きしていると声をかけられました。
ボールペンを貸してくれ、との事でした。

身ぶり手ぶりでちょっとお話させていただきました。

なんでも親御さんにイカ?を送るだとか。見ると確かにイカです。
のしイカみたいな?感じです。山間部にお住まいとの事。

そのボールペンがまた、隣の人に渡ります。^_^; 

なんでも防寒着が必要な地方だそうで、お姉さんに送るそうです。
その方は紙袋から服を出して、段ボールに詰めてました。

さすがバンコク、こういうのを見ると地方から働きに出ている人も多いんだなー
と思います。親孝行、兄弟姉妹孝行もされてる様です。送る品物も様々。

自分は旅行中に荷物が増えて、持って帰るには重いので送りました。
航空便だと高いので、船便で。せこい、、、(;^_^A

空港の出発階にも郵便局があります。
最後のメッセージをタイの友達に郵便で出すのもいいかも。
日本から送るより安いので、出してしまいました。やっぱり、せこい(笑)

© 渡辺 田中 24
[Back To Top]
inserted by FC2 system