入国審査

日本からタイに行く時には大体はドンムアン空港着となるでしょうか。今は新し
い空港も建設中ですね。

飛行機から降りたら一目散に向かう所、そう、それは入国審査場です。審査官の
ブースは多いですが全員で処理する訳でもなく、到着客の長い列ができます。

待っている間は人間観察、というかそれしかできません。
既にトロピカルな格好の家族連れ。ショルダーバックをたすきがけにしたスーツ
姿の団体旅行客。流れ流れて辿り着いたバックパッカー。など様々。

見るとはなしに見ていると、、、

その1・タイ国籍ではないにもかかわらず、タイ人入国カウンターで審査を受け
ようとする人。

これはまあ、外国人用は混んでいますし、空いている所から早く入国したいのは
人情。日本人ならば、一見は審査官もタイ人か?と思い、事情を説明(タイ語
で)できれば、そこで審査していただける事もあるかも知れません。さすが太っ
腹、細かい事をいちいち気にしないタイ人のいい所。対日感情もおおむね良好な
のが幸いしているんでしょうか。手で「あっちいけ」と追っ払われる事もないで
しょう。

その2・審査官に紙包みを渡す人。

背広着用のビジネスマン。きっと審査官とは親戚とか、付き合いの長い友人で、
入国に際して「おみやげ」を渡す事が恒例になっているんでしょう。バンコクは
渋滞もひどいですから、相手の仕事場で渡す事ができれば時間節約、一石二鳥。
それにしても、一言ふた言笑顔で話したりすればいいのに。目線もあまり合わせ
てなかったような、、、でもそんな事をしていたら仕事が滞ってしまいますよね。
仕事を遅らせまい、と黙々と審査する係官に感謝です。

その3・入国カードの記述漏れを指摘され、きれる人

並んでるそばからうるさいなー、何語だよ、いったい。中国かベトナム?
いえいえ、これからの楽しい旅行に談笑しあっているんでございます。ここの列
はちっとも前に進まない。審査官が入国カードに書き込みが足りない、または間
違い?を指摘しています。書き直してください、と言っている様です。そのお客
さまは一生懸命説明しています。しだいに身ぶり手ぶり、声も大きくなります。
それに対して審査官も負けてはいません。もう大声で怒鳴り合いです。日本なら
警備員がすっ飛んできそうな様相を呈しています。やっとあきらめて審査官の指
さす方にある記入カウンターで書き直す事にしたようです、しぶしぶと。しか
し、振り返りながら睨んでます。書き直しな
がら怒鳴ってます ^_^; 
官には低姿勢な日本人、見習うべきかも知れません。それにしてもいったい、何人?

結び

日本の空港では見る事のできない光景です。でもちょっと待ってください。皆さ
んが帰国時に並ぶ入国審査では日本人用のブースですよね。外人用の審査のほう
は見た事は、、、あまりないでしょう。並んでいる間は列の進み具合が気になっ
て、そちらの方は見てないんですよ。日本でも同じような光景が繰り広げられて
いるかも知れません、、、

© 渡辺 田中 24
[Back To Top]
inserted by FC2 system