証明書

漫才風バージョン、第二弾です。(^^ゞ

ーーー

「はい、どーも、前回は何処までやったかいなー」
「ミニスカート、ミニスカート」

「それ、絶対ちゃうわ」〔笑〕
「あー、はいはい、そ、やったね」〔笑〕

「パスポート取られ話やったちゃう?」
「覚えとるやないの。いけず。(笑)まず、パスポート」

「まず?。他もあったんかいなー」
「現金。バーツやね」

「いくらくらい?」
「3000ポッキリ」〔笑〕

「キャバレーやないんさかい、ポッキリて」〔笑〕
「切りええやろ」(笑)

「関係あらへんがなー。ほいで?」
「カード類や。銀行とクレジット」

「そら危ないわ。今流行りのスキミングちゅうやつで被害でるんちゃう?」
「スキミングちゅうか、物自体取られてるからね。そのまま使われる恐れありや」

「ああ、そっか。意外と物知りやね」」
「普段バカみたいいわんといて。まあ、すられてるから反論できへん」(笑)

「それでどないしたん?」
「マーケット管理事務所に届けて、次はカード類を使えん様に連絡せなあかん」

「銀行とかクレジット会社にね。そっから電話出来るんちゃう?」
「フリーダイヤルには繋がらんみたいやったわ。急いで宿帰って電話や」

「もう、ぐっしょりやね」
「何エロい単語入れとんねん、ぐったりやろ、ぐったり」

「電話した後はどうなったん」
「警察いかんと」

「被害届やね」
「被害届ちゅうか、パスポート取られたから、その再発行に必要な書類を貰わないかんのよ」

「被害届ちゅうか、パスポート取られたから、その再発行に必要な書類を貰わないかんのよ、と」
「長いとこ繰り返さんで、ええわ」〔笑〕

「ほんで」
「教わった通りに行くとありました、ツーリストポリスデパートメント」

「それ英語やがな。タイならタイ語、使わなー」
「そんなとこ、突っ込まんでええ」(笑)

「そいでどないしたん」
「すぐ近くにはあの有名なカオサン通りがあったわ。そら賑やかでもう」

「そっち楽しんでどないすんねん」(笑)
「初めてやから。ビギナーズラックや」(笑)

「意味ちがう、ちがう」(笑)
「受け付けいうか、入り口の人に事情話すとすぐ案内してくれたわ」

「話すて、タイ語で? あんたもさすがやね」
「いやいや、向こうは日本語ペラペラでびっくりしたわ」

「ああ、なるほど。それだけ日本人の被害者多いと言う事やね」
「その人も手続きに来た日本人やったわ」(笑)

「しょうもな」(笑)
「まあまあ。中に入ったら、係りの人がいはって。制服着てるんかと思たら」

「着てへん?」
「ラフな感じやったね」

「その人も被害者ちゃうのん?」
「今度はホンマよ。日本語読み書きもバッチリで助かったわ」

「あんた、日本語もよう知らんからよかったやん」
「ほんま、わて、よう書けへんから、って。なんやねん」(笑)

「一応、証明書貰って一安心や」
「それがそうでもないのよ。プンプン」(笑)

「さとう玉緒ちゃん、真似てどうすんねん」(笑)


「ありがとうござました〜」(拍手)

つづく

© 渡辺 田中 24
[Back To Top]
inserted by FC2 system