知り合い

バンコク行かれる時はお独りですか。
それともお友達と一緒でしょうか。

「旅は道連れ、世は情け」
〔旅ではお互いを助け合う同行者が心強く、世渡りには人情が何よりの頼りになる〕

と言いますから、大勢の方が楽しいかも知れませんね ^_^

会社勤めの場合は、盆暮れ正月などの大型連休くらいでしょう。
スケジュールを合わせやすいのでは。

それでも休暇の予定が合わない事もあるでしょう。
一人旅も良い事はありますけどね。行動が決めやすい、気楽、
反面、寂しい、等々。

旅の間に人と喋らなくても問題はありませんが、^_^;
孤独を感じてしまう事もありますよね。

それなら、と「袖振り合うも、他生の縁」
〔知らない人と道で袖が触れあうのも、前世からの因縁によるものの意〕

例えば、バンコクへ向かう機内で。

たまたま隣に座っている方と、ちょっと話してみるだけなら
失礼にはならないでしょう。

もしバンコク通の方なら情報も教えていただけるでしょうしね。
何も喋らないのも気詰まりですから。

でもどうせならタイ人のお友達が出来たら楽しいのでは。
普段から知り合う機会が意外とあったりします。

それは、インターネット上のチャットです。
IRCチャットサーバー上で世界各国、色んな人が集います。

実際の会話は、チャンネルと呼ばれる会話の場でおこないます。

例えば#thailandとか。

そこでドメイン名で日本からチャットに参加しているのが分かるので、
「あなた、日本に住んでるの?」「タイに住んでるの?」
みたいな会話から始まって、ネットフレンドになれればラッキー。

そんな事で知り合った人達は
やはりPCに触れやすい学生さんなどが多かった気がします。

「何月何日に行くからー」、なんて事で貴重なお時間を割いて
バンコクで会っていただきました。

友達と言うにはおこがましいかな、知り合い程度(^^ゞ
今でもメールによる近況報告をしたりしてます。

そんな人達のお話も後で。(^_^)

自分の好きな国の人と知り合うと、またそこへ行く楽しみも増えますよね。

サイアムスクウェアなど大学の近くにあるネットカフェは学生で一杯です。
チャットで盛り上がってる光景を見れますよ。

日本国内でも同好の士を見つけると言う事ではネット掲示板は活用できます。
最近はそこで知り合ったもの同士が現地で落ち合うとか、
楽しく過ごされてる方達も多いです。

「ネットで知り合ったもの同士」とニュースになると、
ネガティブな話題も多いですが、ポジティブな出会いもあるのかなと思っています。

ちょっと余談を交えてしまいました。(^^ゞ
タイの人達のフレンドリーさ、親切さを大切にしたいですね。

「旅は道連れ、世は情け」を実感します。

© 渡辺 田中 24
[Back To Top]
inserted by FC2 system