ホテル

宿泊施設のスタイルは様々です。ゲストハウスから高級ホテルまで。
選び方は現地での行動予定、地の利、スタイル、予算もありますか。(^^ゞ

最初はどんな所に泊まりました? 自分的には許容範囲はこんな所。

個室、トイレ、シャワー温水出る、エアコン、ですかね。
予算的には500バーツ、奮発して600くらい。^_^

一番最初のタイ旅行、実は泊まった所はパタヤでした。

ガイドブックを買っておきながら、舞い上がっていたんでしょう、
ろくに読みもせず、バンコク近くの浜辺だと思っていたんです。

要するにバンコクとパタヤの区別がつかなかった、バカですね(笑)

ですから空港からタクシーで行っても大して遠くない場所だと。
完全な思い込みをしてまして。(;^_^A

空港カウンターのリムジンタクシー、あれで「パタヤ」まで。
乗って行くうちに頭の中では近場のはずなので、えらい時間かかるんだな−、
と思ってました。^_^;

本当のところは距離相応なんですけどね。
着いてから捜そうかなと思ったら日も暮れてくるし、土地勘はないし。

結局、そのドライバーさんに、それらしき宿に連れて行ってもらいました。
ただその人もよく知ってる訳ではないので土地の方に聞いていただいたり。
お世話になりました。m(__)m

さて、バンコクの宿ですが、たまたまフリーペーパーの広告に出ていた宿に
目が泊まりました。ガイドブック使えよ−^_^;
「フリーペーパー提示で50バーツ引き」とかあったので、泊まってみました。

ルンピニタワー傍で、後で分ったんですが、このあたりはツーリストエリアで沢山宿泊施設があるとか。そうそう、ゲストハウスと呼ぶんですね。

5階建ての集合自由宅の一部ユニットを買い取って、宿としています。
門限は10時。遅くなったらはインターフォンで開けてもらいます。

しかし、夜遊びで遅くなる時もあるわけで(^^ゞ
ぐっすり寝込んでいるとなかなか開けて貰えず、辛かったです(笑)

オプショナルツアーもレセプションで申し込めたりしますし、
小さいながら便利でスタッフもフレンドリーな宿でした。。

12月の灯ろう祭り。その日は宿泊者無料御招待で見物に連れていく企画がありました。
しかし、しかし、自分だけかな、忘れられていた苦い想い出が。(;^_^A

小さい宿は自分をアピール、印象づけた方が何かとお特かもしれません。^_^

しばらくそこを拠点にバンコクをバスで移動、あちこちのホテル、ゲストハウスを見に出かけ、辿り着いたのが、サービスアパートメントでした。

アパートでもあり、一部の部屋は旅行客に貸す仕組みです。
建物も比較的でかく、泊まった所はプールもあり。
レセプションはホテル並みで24時間体勢です。

税制上、不公平だと宿泊業界の方々から反発が出て
法律で規制されるとの話はどうなってるんでしょう。事情通の方、情報を。

日本人の方も多数宿泊されている様子でした。
またアパートして住んでおられる日本の方もいらっしいます。

ある時、レセプションでチェックインしている方がいました。喋り、恰好から
だいたい日本人がどうか不思議と分かるもんですね。経験ありますか?

なので、その方とエレベーターに乗り合わせて、日本語で「何階ですか?」
と尋ねたら、

「カーウ(タイ語)」と返事がきたので、お互い顔を見合わせて爆笑。

ついタイ語が出てしまうとおっしゃる田中さん(仮名)^_^;
バンコクはよくいらっしゃるとの事でした。

旅行者の中には雰囲気を大切にされる方もいらっしゃいます。
乗り合わせたバスの中でドイツ人のご夫婦に尋ねられた事がありました。
「カオサン、どうやっていくの?」と。

カオサンと言えば有名ツーリストエリア。「何はなくとも、そこへ行け」
らしいです。行った事ないですけど。(^^ゞ

見た目、お金のあるヒッピーって雰囲気です。いかにもバンコクらしい
雰囲気の宿泊施設。例えばそうですね、天井にファンが回っていて、
窓が小さくて、そんな感じを求めてるんだろーなーってのが想像できました。

ただ一口にカオサンとは言っても近年は高い料金の所もある様です。(^_^)

バンコクではどちらに泊まられるんですか。

© 渡辺 田中 24
[Back To Top]
inserted by FC2 system