第26回  一回戦

田中の男根は慶子の秘所にぬるりと侵入した。
愛液の潤いと内部の暖かさは身震いするほど気持ちが良い。

彼女の腰にしっかりと手をかけて、ゆっくりと前後させる。
しがみつく様に襞が男根にまとわりつく。

一、二、三、、、ストロークをくり返し、慶子の白い尻に自分の
尾てい骨が当たる。

「うっ」
締まりの良さと、場所が場所だけに異常に興奮してしまい、
すぐに慶子の中に大量の白濁した液を放出してしまった。

「えっ!?」ややうつろな目で、慶子が振り返る。
田中は天を仰いで、目を閉じていた。

するりと慶子の干書から田中の男根が抜け落ち、精液も彼女のそこから
どろリと流れ出した。起き上がろうとした彼女を制し、

「あぁ、そのまま、そのまま」彼は尻を突き出したままの彼女の背を押し、
ティッシュで流れ出てくるそれを拭ってやった。

「早いわ。私まだ逝ってないもの」向き直った慶子は田中にそう訴える。
「ごめん。あんまり君のあそこがいいもんだから」

その言葉にまんざらでもない慶子。さすがにそれ以上責める事はなかった。

「ふふ、もう少ししたら回復するかしら」
次は逝かせてもらおうと欲情をその潤んだ目に宿らせる慶子。

「ああ」その気配に押されたのか、曖昧な表現で同意する田中であった。

田中の力なく垂れたそれを指で弄び、その前にひざまづく。
「きれいにしてあげる」
そう言って、愛液と精液でべたべたのそれを何の躊躇もなく口に含む。

「くっ」少々くすぐったいが、早く逝った手前、彼女の好きな様にさせる。
慶子としては回復してくれる事を期待しての行為でもあった。

亀頭を中心に舌で嘗めしゃぶりまわす。竿全体も口に含む。
自分の左手は自ら慰めながら。「んぐっ、んぐっ」

田中はこんな美女と機内のトイレでこの様になっている事に、
興奮して硬度が回復するかとも思った。

しかしこの空間で長時間いる事は周りの乗客に勘付かれる事にもなりかねず。
いまひとつ情事に集中が出来なかった。

いつもどんな時もすぶといのは女と決まっている。
そんな有名な政治家の言葉を思い出した。

「ごめん、ちょっと今は無理だよ」そう言って、彼女の頬に手をそっと添えた。
口から男根を出し、名残り惜しそうな顔の慶子は淫らな美しさだった。

立ち上がり、熱烈なディープキスをねだる慶子。
自分だけ逝ってしまった負い目もあるので田中は拒否も出来ず。

長いまつげが美しい慶子は目を閉じて、田中は少々、戸惑った表情だ。
自分の精液の味がしたような、しないような、
複雑な顔つきでべろべろと舌を絡ませあった。
© 渡辺 田中 24
[Back To Top]
inserted by FC2 system