第18回  放出

指でびらびらを擦りながら、アヌスに出入りする男根を眺めていると
早く自分にも入れてもらいたい。ゼナはやり切れない思いを感じていた。

ただ眺めているのを広瀬は許さない。
「竿だ、竿を嘗めろ」

カレンのしがみつくようなきついアヌスを行き来するシャフトに舌を這わせる。
なすがの長い舌も動いているお尻にぶつからない様にするのは大変だ。

顔をやや横向きにして、その竿に舌を近付ける。
同時に唾液をなすりつけるとこで出入りの潤滑を兼ねる。

何度が出し入れをした後にずるりと全部引き出して、
もうゼナには言わなくても分かっていた。

太い男根を握りしめて、口一杯にほうばる。
その顔はさも美味しいものを味わう様にかすかな笑みが浮かんでいた。

カレンのアヌスはポッカリ穴が開いた様になっており、
その前部のプッシーからは愛液が垂れていた。

広瀬は目の前にあるカレンの乳首にしゃぶり、優しく噛み噛みしてやった。
それが気持ちいいらしく、

「あーん、もっとつよく!」

眼を閉じて仰け反り一層強調する様に胸を突き出す両乳を鷲掴みにして
揉みしだく。

「そろそろかな」

今度は口でたっぷり奉仕してくれたゼナに入れる番だ。
カレンはすこし不満げな表情を見せたものの、お楽しみがまだ続く事を期待して
いた。

ゼナを四つん這いにさせて、バックから唾液で濡れた男根をプッシーにぶち込む
。
幾重にもなった襞襞がしがみつく。

でかい尻に遠慮会釈なく叩き付ける様に腰をぶつける。
「う、あう、いいわよ、もッと早く!」

その間カレンは頭を広瀬の立て膝の間に入れ、ゼナのプッシーに出入りする光景
を
寝転びながら見ていた。もちろん自らのクリトリスを擦る事は忘れてはいない。

熟れた女のプッシーもいいもんだな。若い娘と比較する機会もめったにあるもん
じゃない。
そんな事を考えながらも、やはり最後は、、、

「カレン、君の番だよ、四つん這いになれ」
その言葉にゼナは「嫌よ、もっと!後ろの穴にもいれて!」

ゼナを宥めながらも、彼が思い付いたのは二人同時に交互に入れてやる事だった
。

「二人一緒さ」

思いきり尻を突き上げさせ、男根を恋しがる二つのプッシー。広瀬の興奮も最高
潮だ。

10ストローク毎に交互に尻を乗り替え、愛液に濡れた穴ににゅるりと挿入する。
もちろん片手はいつも空いている方の女の穴いじくりまわす事は忘れない。

「もういくよ!」若いカレンのプッシーにしがみつかれた男根はもう限界だった
。
逝く時は彼女と決めての計算ではあったが、、、

思いきり突っ込んだ所で溜まりに溜まった精液を彼女の中に放出した。
© 渡辺 田中 24
[Back To Top]
inserted by FC2 system