第17回  クライマックス

「そんなゼナを見て、広瀬はじらしてみたくなった。
「とことん、欲しくなったところでぶち込めば快感も倍増するよ」

優しい笑顔でそう言うと、カレンのアヌスを嬲った指をゼナの口元に突き出し、
「嘗めろ!」と命令した。

一瞬、困ったような顔をしたが、早く自分もプッシーをいじってもらいたい
のか、媚びるような笑顔で広瀬の言葉に従う。

いやらしく流し目をしながらその指先を舌でこねくり回し、
チュパチュパと音を発てて嘗めしゃぶる。

「アヌスの味はどうだ?、この淫乱女!」
「あぁ、おいしいわぁ」

「今度はこっちだ」
広瀬はカレンのプッシーに絡み付いた指を引き抜いて差し出す。

ふたつの味を一緒に口の中で懸命にしゃぶりながら、
ゼナは両手で自分の乳房を揉みしだいていた。

カレンが耳もとで囁く。
「ねぇ、早く入れてよ。私のはもうグチョグチョよ」

眼が潤んでおり、我慢できないような切ない表情だ。

「うん、跨げよ」
ゼナにしゃぶらせていた指を引き抜き、カレンの腰に手を添えた。
カレンは広瀬の肩に手をかけて、ゆっくりと跨ぎ、腰を降ろそうとした。

「わ、わたしは?」戸惑うゼナに広瀬は命令口調で
「出入りするのを見ながら、玉をしゃぶれ!」

竿に手を添えて、広瀬の男根がカレンの窮屈な瑞々してプッシーに
吸い込まれていく。

「んっくっ!」眼を閉じて上向き加減のカレンの顔を下から見上げると、
快感に打ち震える若い娘とやっている充実感が込み上げてくる。

しかも温かいホールをシャフトが出入りしながら、玉はゼナという
熟女がほおばっているのだから。

このところやり過ぎた感のある広瀬の一物。
興奮とは裏腹にすこし萎えてきた気がした。
そう思った広瀬はカレンの尻に手を添えて、自分の一物を引き抜いた。

「嫌ゃー、ねえ、もっと!」
泣きそうな顔でむしゃぶりつくカレンを宥めて、ゼナに命令した。

「これを嘗めろ」
カレンの愛液で濡れて光ったものをゼナは愛おしそうに頬張った。
いずれこれが自分の秘所を出入りする事を期待して。

広瀬とカレンは舌を絡めあって、その涎は彼の胸をべとべとにしていた。
充分に口で可愛がってもらった一物は硬度を回復していた。

「入れろ!」

ゼナは男根に手を添え、カレンのピンク色のプッシーをめがけて、
ずっぽりと押し込むと思ったが、それはもう一つの入り口に。

ゼナの機転なのか、それとも、、、

「うっ!」一瞬、はっと息を飲んだカレン。
しかしアヌスの方もまんざらではなく、感じるようだ。

亀頭の部分が入ったが、きついようで、そこでまた引き抜いて、ゼナに舐め
させる。その繰り返しで、長い男根もずっぱりとカレンのアヌスに収まった。

「はぁーん、もッと動いて!」若い娘の欲望にたじたじとしてしまう。
ぴっちりとまとわりつくその快感は広瀬の脳天を直撃する。

「どうだ?こんなのは見た事がないだろう?」ゼナに問いかけると
「ええ、興奮するわ。もっと突いてやりなさい」

見るとゼナは長い舌を広瀬の玉に伸ばしながら、指は激しく自らの股間を
撫でさすっていた。
© 渡辺 田中 24
[Back To Top]
inserted by FC2 system